政策4:原発廃止と再生可能エネルギー転換

原発を廃炉にし、再生可能エネルギーへの転換

4つ目の政策は「原発廃止と再生可能エネルギー転換」です。
これについては、改めまして、わたくしの原子力政策への立場を明確にさせてください。

私は原子力に反対です。
原子力発電所は廃炉にし、再生可能エネルギーに転換すべきだと考えています。

そして、いま最も重要なことは、40年の使用期間を過ぎ老朽化した東海第2原発の再稼働をやめさせることです。
水戸市でも、東海原発がもし、メルトダウンが起こったとなれば、水戸市は丸ごと避難区域に指定されるでしょう。

福島の方々の現実は、他人ごとではないのです。

将来、子どもたちや若者が、将来もこのまちで働き暮らしたいと、心から感じられる水戸にもしなったとしても
東海原発がメルトダウンを起こしただけで、その希望が一瞬で断たれてしまう。

もちろん、エネルギーも大切です。しかし、将来の希望を奪ってまで可動させる意義はそこにはないと思っています。
将来もこのまちで働き、暮らしたい…。そう考える人たちが安心してそれを全うできるようにするために

私、はぎや慎一は、東海第2原発の再稼働を体を張ってでも阻止してまいる所存です。

PAGE TOP